ピンク色の乳首を優しく舐められる小説

「可愛い陥没乳首だね。

恥ずかしがることないよ?

ほうら、こうやって触ってあげればぴょこんと頭を出して可愛い乳首になるんだよね? ほーらほら! 気持ちいいかい?」

「うぅ……やめてください……」

「おっと、ごめんごめん。

じゃあこっちの乳首も出してみようか。

さっきよりも少し強めにつまんであげるから頑張って勃起させてみてね?」

「あっ……んっ♡」

「ふふ、感じちゃったかな? 」

「ほらほら、もっと強くしてもいいんだよ? こんな風に……!」

「いゃぁ……痛いっ!」

「あれれ〜おかしいな〜。

今君のお股にはクリトリスはどんな感じかな?

どうしてそんなところ押さえてるのかなお嬢さん? 見せてくれるよね?」

「いやです……見せないでくださいぃ……」

「そう言いながらも手を退ける君はとても素直だよねぇ。

それじゃあ、その可愛らしい乳首を見せて貰おうかな?」

「うぅ……」

「わぁ……なんて綺麗なんだろう。

ピンク色でぷっくりしていてとても美味しそうだ。

食べちゃおうか?」

「ひゃん!?︎」

「大丈夫、怖くないよ。

優しく舐めてあげるだけだから。」

「あぁ……ダメぇ……そこばっかり舐めないでくだしゃい……もう……許して下さいぃ……」

error:Content is protected !!