オナニー写真を撮られてオナニーに惚れられた僕 女性優位男性受け

オナニー

「やぁん!また出た!こんな可愛い顔してるくせに意外とスケベなんだねキミ!」

「あんっ!ダメぇ!」

女の人に後ろから抱き抱えられるような体勢になりながら、僕はおっぱいを押し付けられ、背中に感じる柔らかさを体感していた。

「ほら!こっち見て!カメラに向かってピース!」

パシャッ、とフラッシュが光る。

「はいチーズ♡」

カシャッ

「きゃっ!もう……いきなり撮らないでくださいよぉ」

「アハハッ!ごめんごめん!」

「はい、じゃあ次はアタシと一緒に写メ撮りましょっか♡」

「え?いや、でも……」

「いいから!ホラ早く!」

僕は半ば強引に女達にスマホで写真を撮られた。

「よし、送信っと……これで全員に送ったわ」

「アタシも送った〜」

「え?え?一体何を……」

「はいこれ、ボクの携帯ね」

僕の手に握らされたのは、見覚えのある僕のスマートフォンだった。

「なっ!?いつの間に!?」

「はい、それじゃさっき撮った写真送るから、ちゃんと返事してね?もし無視したら……」

error:Content is protected !!