ギャルと触手の行く末 短編ファンタジー小説

胸や秘部といった性感帯にも容赦なく刺激が加えられる。

まるでマッサージされているかのような優しい動きから始まって、徐々に激しくなっていき、最後にはイキっぱなしの状態になってしまった。

それが終わると次はお尻の穴を責められ始め、さらには尿道にまで侵入され、内部をかき回される。

行為が終わる頃には、ギャルはすっかり出来上がっていた。

そして最後に、触手たちが一斉に襲いかかってくる。

無数の触手が伸びてきて、全身を愛撫し始めたのだ。

脇の下、腋の下、太股などをくまなく撫で回し、時にくすぐりながら、乳房や秘部に至るまでありとあらゆるところをいじり倒していく。

あまりの気持ちよさに思わず身を捩るが、逃してくれるはずもなく、むしろより強く押さえつけられてしまった。

そうしているうちに、触手たちの狙いがはっきりとわかってきた。

error:Content is protected !!